宍戸里帆セルフレビュー キーワードは「柔・笑・癒」

 宍戸里帆セルフレビュー キーワードは「柔・笑・癒」。 ぜ〜んぶ里帆のおっぱいで挟んで搾り取ってあげるね♡今回の作品はこれまで以上におっぱいにフォーカス!「癒し」を視覚化したAVになってます

私が快楽の恐怖に慄いている姿を実際に作品で確認していただけたでしょうか👀

今回はそんな前作とは対照的に、

「貴方の悩みも疲れも、そのおんちんごとぜ〜んぶ里帆のおっぱいで挟んで搾り取ってあげるね♡」

って感じの作品になっております

『エロかわ神コスプレ性感パイズリ令和女学園へようこそ! ぜ~んぶ挟射ザーメン搾り取りスペシャル! 宍戸里帆』

キーワードは「柔・笑・癒」
そんな本作のキーワードは、ズバリ

「柔・笑・癒」

でしょう!!!(丸尾くんみたいになっちゃった笑)

今回はこの三本柱に沿って作品の魅力を説明させて貰えればと思います︎︎☺︎

まずは「柔」
まずは、「柔」 について。

皆さんは、「柔らかいもの」と言われて何を想像しますか??

赤ちゃんのほっぺ、洗い立てのまくら、茹でたお餅、猫の肉球…

これらも全然間違ってはいないけど、

皆さんはこの世にはもっと柔らかいものが存在する事を知っているはず。

答えは勿論、

「おっぱい」

ですよね??♡

前回おちんちんの話をしたと思えば、次はおっぱいかいと思ったそこのあなた、そうなのです。

今回の作品はこれまで以上に私のおっぱいにフォーカスしています😳

自分で言うのもアレですが、私、

おっぱいの柔らかさは自負出来るところがあります。(急な自慢)

まあそれも場面によってはコンプレックスになり得るのですが、

柔らかいおっぱいが好きだと言ってくれる男性は多い印象なので、

そうゆう時は嬉しいなぁと思います☺️

そして作品の初めの方で、

私がさりげなく「里帆、全部柔らかいでしょ」と言っています。

これは男優さんとの掛け合いの中で自然と口から出てきた言葉なのですが、

これが全てを物語っているなと思いました。

お察しの通り、私、全部が柔らかいんです。

でも、柔らかいからって、脆いとか弱いわけじゃないんです。

そう、、、

「『柔ラカイ』トイウ事ハ

『ダイヤモンド』ヨリモ壊レナイッ!!」

なのです💎

たまに”挟んで”くるジョジョネタにも皆さん慣れてきた頃かと思われますが

(ジョジョファンの皆様、そして荒木飛呂彦大先生、いつもいつもすみません😂)、

スパイス・ガールのこの言葉は物事の本質だと思ってます。

(というかジョジョ自体がそもそも本質的なんですけどね)

柔らかい私だからこそ見せられる、強度の硬いエロを是非堪能してください❣️

続いて「笑」
次は、「笑」 です。

私は元々へにゃっとした顔をしているのであまり怒ってる?

とか聞かれることもないし、

今となってはとりあえず笑っていれば大人の人達は可愛がってくれるという事を知ったので、

誰彼構わず笑顔を振りまいています(^_^)

冗談はさておき、私にとって笑う事よりも、

しかめっ面や真顔でいる事の方が苦痛なんです。

だから無理やり笑っているという訳でもないし、

宍戸里帆なのだから笑わなければ!という感じでもありません。

そんな私史上、今回の作品は一番笑顔😊

前回の禁欲の時とは打って変わって、

ず〜〜〜〜〜〜っとニコニコしています♪

唯一、どっちが私にフェラをしてもらうかで男優さんが喧嘩(?)を

するシーンでは、喧嘩はダメだよ!って少しムッとするシーンがあります😂

ベタな「私の為に争わないで!!!」状態に、

内心笑いそうになりながらもプンプンとした演技を頑張りました(笑)。

そしてこのチャプターでは、

五右衛門監督印の上からの主観ショットも見る事が出来ます!

『Gカップおっぱいと愛情で包み込む優しくてイヤラしい 最高の筆おろし 宍戸里帆』

本当に私の事を後ろから抱き締めてHな事をしているような

臨場感のあるショットなので、是非楽しんでください♡

他にも、設定がコスプレリフレという事で、

今回私は本番禁止のルールガン無視のリフレ嬢を演じているのですが、

最初のシーンでオプションの事を「トッピング」と言うしばりに毎回クスッとしてしまいました😂

改めて見ると、トッピングって何やねんって感じで好きです☺️

あとは、今回男優さんはお客様という設定なので、

皆さんの事をちゃん付けで呼ばせてもらいました😳

ダイちゃん、のんちゃん、てっちゃん、Qちゃん etc…

って感じで、それが何だか恥ずかしくもあり、

でもちょっとバカップルぽいノリも楽しくやらせてもらいました*\(^o^)/*

(一箇所だけうっかり君付けで呼んでるシーンがあるのでよかったら探してみてください😂)

全体的にこういったお茶目な雰囲気の現場だったので、

自然と私も笑みが溢れていたんだと思います😊

最後に「癒」
最後に、「癒」について。

最近、何だか癒しが足りないな〜と思ってる方も多いかと思います。

でも、そもそも「癒し」ってなんなのでしょう。

実態の無くて曖昧なものだけど、何かと使いがちなこの概念(?)。

今回の作品は、そんな「癒し」を視覚化したAVと言ってもいいのではないかと思います😳

そう考える理由は、既に述べた「柔」と「笑」にあります!

柔らかいものを触ったり、穏やかな笑顔を見た時の心の状態を、

「癒される」という言葉で形容したりしますよね。

それは多分、私達は柔らかいものや笑っているものに”安心感”を得やすいからで、

その安心感こそが癒しを感じさせる一番の要因なのだと思うのです。

そんな「癒し」という名の”安心感”を一番実感出来るものこそが、そう、

「パイズリ」です!!

言うのが遅くなりましたが、今回の作品の一番の見どころは、

全シーンパイズリ挟射ということ!!!

なので、ハグとかその他諸々を飛ばして急にパイズリかいって感じですが、

今回はパイズリ推しでいきます😂

このコラムを書くにあたって毎回自分のAVを繰り返し見るのですが、

今回も何度もパイズリのシーンを見ていくうちに、ふとこんな事を思いました。

“パイズリとはきっと、母性なのだ” と。

その温かさ、柔らかさ、包容力と安心感、そしていざと言う時の力強さ。

その全てが母性と通ずるようで、

男の人がパイズリに憧れを抱く理由も何となく分かった気がしました。

なんだかこれ以上はフロイトっぽい話になりそうなのでここまでにしておきますが、

とにかく、パイズリには癒しをも超えた、

“母の愛”を感じさせる力があると、この作品を通じて実感しました。

そして、そんなパイズリがメインのAVこそ

、「癒し」の最高峰ジャンルなのだと声を大にして言いたいです📢

そして、今回のコラムで私が一番言いたかった事は、

今回の作品の持つ「柔・笑・癒」の三要素とは、私そのものだという事です!!!!

自分で言うことじゃないだろって感じなのは重々承知です!笑

この作品の魅力を伝えるにあたって色々考えた結果、

作品のイメージと宍戸里帆イメージそのものが上手く合致している事が

一番の魅力なのだと思ったので、あえて言わせていただきました!

だからなのか、初めてこの作品を見た時は自分がすごく自然体な事に驚きました( *˙-˙* )

ここまで色々お話してきましたが、結局のところ「柔・笑・癒」とは、

簡単に言えば、”幸せ”の事なんです。

だから私が幸せの体現者になって、

この作品を通して皆さまと一緒に幸せな時間を共有出来ればいいなと思っています❁⃘

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

『Riho Endless world・宍戸里帆』
・・・・・


AV動画を今すぐ見たい方へ

AV動画はアダルトサイトデュガ DUGAで見れます。

「デュガ」では好きな動画を一本づつ購入して見ることがことができます。
PPV(ペイパービュー)単品販売とレンタル(7日間視聴)のコースがあります。
また月額のアダルト動画もあります。

⇒ デュガ DUGAのサイトの説明はココ クリック

アダルトサイトは危ないと思っていませんか。
私がココでおススメしてる「デュガ」は大手の動画配信会社です。
アダルト動画をインターネットで販売してる健全なメディア販売会社ですから安全です。
高額な料金を請求されたり、クレジットカードが悪用されることなどありません、
家族にばれることもありません、安心してください。

登録は無料なので、登録だけでもしておきましょう。

⇒ デュガ DUGAのサイト説明へ行く クリック

Comments are Closed on this Post

宍戸里帆セルフレビュー キーワードは「柔・笑・癒」